妊婦さんに葉酸サプリは必須?どんな効果があるの?

葉酸サプリは妊娠初期に必須とされる葉酸を効率よく摂れる方法として妊婦さんに人気があります。
葉酸サプリの効果とその選び方についてご説明します。

葉酸がもつはたらきとは?

葉酸はビタミンB群の1種で、血液をつくり出す造血効果や細胞分裂の促進効果があることがわかっています。
妊娠期の女性が葉酸をしっかり摂取することで、下記のようにさまざまなメリットがあります。

先天性奇形の発症リスク低減

妊婦に葉酸が必須といわれる最大の理由として挙げられるのが、胎児の奇形発症率を低下させる点です。

胎児の細胞分裂が盛んな妊娠初期に必要量を摂取しておくことで赤ちゃんの細胞分裂がより活発になり、神経管閉鎖障害やダウン症など先天性疾患発症の確率を低減させることができます。

このような理由から妊娠の可能性がある女性や妊娠初期の女性に積極的な葉酸摂取が奨められているのです。

妊活女性にもおすすめ

葉酸の造血作用は健やかな妊娠の大敵とされる冷え性の改善に役立ちます。
また葉酸には子宮内膜を強化するはたらきがあるため、受精卵が正常に着床させて妊娠力アップも期待できます。

妊娠しやすい体を目指すなら、妊娠前からしっかり葉酸を摂取することが大切です。

妊娠初期以降もさまざまなメリットがある

葉酸のもたらす効果は妊娠前から妊娠初期にかけてだけではありません。
妊娠中期以降もたとえば母体の貧血予防や胎児の細胞分裂促進、つわりの軽減や安産といった効果が期待できます。

また赤ちゃんが生まれたあとも、母乳に大きな影響を与えます。

葉酸の造血作用が血流を促進し、健やかな母乳がたくさん出るようになるので、授乳期にも大いに役立つ栄養素なのです。

食事よりサプリで摂るほうがいいの?

サプリメント妊娠期の健康維持には、規則正しく栄養バランスのとれた食生活が欠かせません。
葉酸も普段の食事で十分に摂取できればよいのですが、実は水溶性ビタミンであるため栄養分の多くが調理過程で失われてしまうため、食品からの摂取では必要量をまかないきれないのが実情です。

そこで活躍するのがサプリメントで、厚生労働省が推奨するサプリでの摂取量400μgの葉酸をはじめ、妊婦に必要な栄養素がバランスよく配合されています。

毎日規定の用量を飲みさえすれば、安心してマタニティライフを送ることができるんです。
妊娠中は体調がすぐれないときも多いですが、食事がのどを通らないときでも、サプリメントなら手軽に飲み続けることができます。

ただし耐容上限量である1日1000μgを超える摂取を続けると、むくみやかゆみなど過剰摂取による副作用を伴う危険性もあるので、くれぐれも注意しましょう。