葉酸サプリメントの含有量について

妊活中や妊娠初期に必要と言われている葉酸は赤ちゃんの脳や脊椎、内臓を作ってくれる栄養素になります。
また先天性異常の「神経管閉鎖障害」や「口唇裂」のリスクを低減する重要な役割を果たします。
このように母体の葉酸が赤ちゃんに取られてしまう為、通常時に比べ大量の葉酸が消費されます。
そこで葉酸を積極的に摂ることが必要と言われています。
私たちが普段口にしている食べ物にも含有されていますが、食べ物から必要な分全てを補うのはなかなか難しいものがあります。
そこでおすすめされているのが葉酸サプリメントの摂取です。

数ある葉酸サプリメントの中でいいものを選ぶポイントはサプリメントに含まれている葉酸の量です。
1日の摂取の目安は400μgとされているので、その分をしっかり補えるものであることが最も重要です。
また貧血予防・防止にもなるビタミンB12が含まれていることや化学合成添加物が無添加であること。
添加物は人体にいいものではないのでできるだけ天然のものを選んだ方が胎児に影響も少ないでしょう。

胎児の奇形や障害リスクの危険性を高める可能性のある放射能が含まれていないかのチェックをしっかり行っているかどうかなども確認することが大切です。
生まれてくる赤ちゃんの為にいいものを送ってあげられるように、単純に口コミや評判だけでの判断はせず成分の確認をしっかりすることをおすすめします。

ママと子最後に葉酸はいつからいつまで摂るのが良いか、疑問が浮かびますね。
葉酸サプリメントは妊娠を計画した時から飲み始め、初期・中期・後期とそれぞれ流産のリスクを低減したり、貧血予防や早産予防、妊娠高血圧症候群予防に役立つので出産が終わるまで継続的に摂るのが良いといわれています。

産後にもサプリメントを飲み続けることで、母乳の出が良くなったり、子宮の回復にもいいとされています。
生まれてくる赤ちゃんとママの体の為に、より良い葉酸サプリメントを選びましょう。