葉酸のサプリで太るってほんと?

妊活中の女性や妊婦さんは葉酸の摂取が推奨されています。
そのため現在ドラッグストアなどで気軽に葉酸サプリを購入することが出来ます。
しかし、巷では「葉酸サプリは太りやすい?」と言うような噂も聞かれます。
妊娠中は「2人分食べろ」と言われていたのは過去の話で、現在では妊婦健診の度に指導が入ることも少なくありません。
一般的に妊婦の身体は羊水や赤ちゃんの重さだけでなく、お腹の赤ちゃんを守るために脂肪が付きやすくなっています。
そのため普段の生活を送っていても太りやすくなっており、食生活にも注意が必要です。
では一体どれくらいのを体重増加を目安にすれば良いのでしょうか。

その指標の一つとしてBMI値を計算します。
BMIとはBodyMassIndex(脂肪指数)の略で、肥満度を示す国際的な指標です。
妊娠前の体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}で算出することが出来ます。
出た数値が18.5未満なら痩せ型、18.5〜24なら標準、25以上を肥満とします。

痩せ型の人で9〜12kg、標準の人で7〜12kg、肥満の人で5〜7kgの増加が望ましいとされています。
では、摂取が推奨されている葉酸サプリで太りやすくなるというのは本当なのでしょうか。
結論から言うと「いいえ」です。
葉酸は水溶性ビタミンであるビタミンB群の一種です。

ビタミンの摂り過ぎで太ると言うことはまず考えられません。
では何故そのような噂が流れたのでしょうか。
考えられる可能性としては、葉酸の過剰摂取です。
葉酸を含む食品から摂取する葉酸であれば、
熱や水に弱いため不必要な分は尿や便と共に排出されます。

しかも葉酸は吸収率が50%前後と低いため、妊娠中はサプリメントでの摂取が推奨されているのです。
しかし、サプリメントでは食品からの摂取に比べ効率よく摂取出来るため、時に過剰摂取となることがあるのです。
1000μgを超えて葉酸を摂取すると副作用として「むくみ」が現れることがあります。

この「むくみ」が「太る」と言われる原因ではないかとされています。
サプリメントのパッケージの裏には用法、用量が記載されているので、飲み方を間違えないように注意しながら摂取するようしましょう。